手術の特徴|美容整形でなりたい自分になる|お手軽変身法を知る
女性

美容整形でなりたい自分になる|お手軽変身法を知る

手術の特徴

レディー

二つの手術

一重を二重まぶたにする手術は美容外科でも人気です。手術で二重にしてしまえば毎日のアイメイクが楽になり、自然に目ジカラがアップします。明るい印象になるので好感度が高まります。二重の美容整形は、プチ整形でするかメスを使ってするかの二通りがあります。プチ整形の場合、メスを使わないので傷跡が残らない、リスクが少ない、手術費用が安いなどのメリットがあります。ただし、プチ整形は人によっては元に戻る場合があります。切開をする手術の場合は、メスを使って行うのである程度リスクがあります。しかし一生二重まぶたが持ちます。ぱっちりした幅広の二重を作ることもできます。また、まぶたの脂肪が多くても、切開する手術であれば脂肪を除去できます。

埋没法の手順

埋没法は人気の二重プチ整形です。メスを使わないで糸だけで二重を作ります。手術をする前にまぶたに局所麻酔をします。麻酔が効いた状態で手術をするので、手術中は痛みはまったくなく、片目10分程度で終わります。埋没法は糸を使って行いますが抜糸は不要です。手術直後から1週間くらいはまぶたが腫れた状態になります。また、目の周りに内出血跡が出ることもあります。これらの現象は手術から時間が経過すればだんだん解消されていきます。約1ヶ月ほどで腫れが完全に落ち着いて幅が自然になってきます。埋没法は一点法や二点法や三点法などがあり、糸を留める数によって強度や手術費用が異なります。一点法は最も簡単で片目1万円くらいで出来ます。